学術大会

第10回学術大会抄録集の掲載について

第10回学術大会抄録集を掲載しました。会員の方のみ閲覧することが可能です。

このページの左側あります「第10回学術大会抄録集」のバナーをクリックし、IDとパスワードを入力ください。

IDとパスワードは最新の論文を閲覧するときと同様です。

なお、学術大会参加者は、学術大会サイトよりダウンロードすることができます。

第10回 学術大会 開催要項

主催 日本発達系作業療法学会
名称 日本発達系作業療法学会 第10回学術大会
開催方式 オンライン開催
会期
  • ライブ配信:2022年3月5日(土)13時開始
  • オンデマンド配信:2022年2月25日~3月15日
    *配信開始日が間違っておりました。申し訳ありませんでした。
プログラム内容
一般演題(オンデマンド配信)
指定演題(ライブ配信、発表者の事例紹介のみオンデマンド配信)
  • 指定演題1:肢体不自由児系
    〔座長〕大阪赤十字病院附属 大手前整肢学園 辻 善城 先生
    〔コメンテーター〕大阪発達総合療育センター 米持 喬 先生
    〔発表者〕北海道済生会みどりの里 佐藤 匠 先生
  • 指定演題2:発達障害系
    〔座長〕東京都立大学 健康福祉学部 伊藤 祐子 先生
    〔コメンテーター〕県立広島大学 保健福祉学部 助川 文子 先生
    〔発表者〕札樽すがた医院 中黒 麗子 先生
特別講演(ライブ配信)
〔講師〕長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 岩永 竜一郎 先生
〔座長〕札幌医科大学 保健医療学部 仙石 泰仁 先生
演題募集

演題募集は終了しました

参加申し込み 参加登録期間:2021年12月1日(水)12:00~2022年1月31日(月)23:59まで

2月3日(木)

1月28日~30日にかけて、事前参加登録システムに不具合がありました。謹んでお詫び申し上げます。そのため、参加申し込みを2月3日まで延長いたします。

登録区分 参加登録費
会員 2,500円
非会員 3,000円
学生(学部学生のみ) 500円

※参加登録については、登録方法、お支払方法など注意事項がありますので、必ず「参加登録について(PDF)」を確認してください。

大会長 中島 そのみ(札幌医科大学保健医療学部作業療法学科)
大会事務局 問い合わせ先:jhattatuot.10●gmail.com
(@を●に変えております)

*詳細が決まりましたら、随時アップいたします。

 

 

過去の学術大会レポート

第10回 学術大会(北海道)を終えて

日本発達系作業療法学会第10回学術大会は、昨年度に引き続きオンラインでの実施でしたが、お蔭様をもちまして盛会のうちに無事終了することができました。多数のご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。これもひとえに皆様のご支援ご協力の賜物と、深く感謝申し上げます。次回、長崎学会(大会長 岩永竜一郎理事)にてお会いできる日を楽しみにしております。

大会長 中島そのみ(札幌医科大学保健医療学部)

開会式 学会長挨拶:
加藤寿宏理事(京都大学大学院医学研究科)
開会式 大会長挨拶:
中島そのみ理事(札幌医科大学保健医療学部)
指定演題1:
「日常的な活動姿勢の選択と認知発達からみた重症心身障害児への長期支援について」

(右上)座長:辻 善城理事(大阪赤十字病院附属 大手前整肢学園)
(左上)コメンテーター:米持喬幹事(大阪発達総合療育センター)
(下)発表者:佐藤匠さん(済生会みどりの里)

 

指定演題2:
「不登校となっている自閉スペクトラム症児に対し,これまでするべきだったこと・これからするべきこと」

(左上)座長:伊藤祐子理事(東京都立大学保健福祉学部)
(右上)コメンテーター:助川文子幹事(県立広島大学保健福祉学部)
(下)発表者:中黒麗子さん(札樽・すがた医院)

 

特別講演:
「子どもの未来、発達OTの未来について」

(左)講演者:岩永竜一郎理事(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科)
(右)座長:仙石泰仁理事(札幌医科大学保健医療学部)

 

閉会式:理事一同

過去の学術大会報告

 

▲ ページ先頭へ